現在開発中の太陽光発電システムの一つが、フレキシブル太陽電池と言われる、軽くて丸めることができる太陽電池です。
これはプラスチックフィルムの上につくられた太陽光発電システムで、ガラスを用いたものに比べて重さは10分の1程度です。


このため、工場の屋根や体育館など、屋根の強度が弱いところにも設置することが可能なのです。

丸めて小さく収納することができるので、非常用や移動通信用の電源に使用することもできるのです。

電気炉に関する疑問を解消してください。

その他にも、フィルムを長くすることによって、1kmに及ぶ長さの太陽光発電システムをつくることもできるので、まさにフレキシブルといえる自由度の高いものです。

マンションの照明情報サイトの利用価値をご存知ですか。

将来的には衣服につけることも可能と考えられています。製造コストを抑えるべく開発が進められているのが、有機薄膜太陽電池という、プラスチックなどを用いた太陽光発電システムで、導電ポリマーとフラーレンを塗った基盤を電極として用いることとなります。


そして透明太陽電池は、紫外線のみを発電に利用し、可視光や赤外線は透過させて灯りや熱源として利用するという、従来の太陽光発電システムと異なる発想から開発されています。



ガラスに応用できると、普通の窓のように可視光を透過させることができ、かつ人体に有害である紫外線を除去することができるというメリットがあります。
使い方次第では、夏季は赤外線を反射して中を涼しくし、冬場は赤外線を取り入れて暖かくするなど、室温を調整するためにも用いることができます。

発電効率は最大でも3%程度と考えられていますが、光を利用して室温調整ができることは太陽光を非常に有効に活用しているといえます。




Copyright (C) 次世代の太陽光発電システム All Rights Reserved.