ハトの習性とハト駆除の方法

ハトは住居のベランダなどに棲みつきます。

いったん棲みつくと、同じ場所に大量のフンをするようになります。



鳩のフンは悪臭を放ち、病原菌が感染症をもたらす危険性があり衛生的に問題です。害虫の発生を招くこともあります。速やかにハト駆除の対策をとる必要があります。
効果的なハト駆除を行うには、まずハトの習性を知る必要があります。



ハトは外敵から守られ、ひなを育てる際にも安全でエサを運びやすい場所として、マンションなどのベランダの室外機の裏や橋梁などに好んで棲みつきます。
しかしよさそうな場所を見つけていきなり棲みつくのではなく、本当に安全かどうかを判断するため、離れた場所でしばらく様子を見るようになります。

安全そうだと感じたら、その場所で短時間だけ休むようになります。
その後、慣れてくるとだんだん滞在時間が長くなるようになり、ねぐらにしはじめます。


そして最終的には営巣し始め、繁殖行動をとりだします。営巣まで始めてしまうと、その場所に激しく執着するようになり、個人でのハト駆除は困難を極めます。

ハトが姿を見せ始めた段階で手を打つようにしましょう。



まずはベランダにフンが落ちていることに気がついたら、すぐさま掃除をしましょう。
こまめに掃除をし、頻繁に人の姿のあるベランダであれば、初期の段階ではハトが諦めてくれる可能性があります。ハト駆除のグッズには、ハトの侵入を邪魔すためにベランダの手すりの上に張るワイヤーやテグス、手すりに塗る忌避剤などがあります。


防鳥ネットは物理的に侵入を防ぐことができるのでおすすめです。

ただしネットに少しのたわみがあるとその隙間から無理やり入ろうとしますので、隙間なくぴんと張り、床までしっかりと固定する必要があります。